月山積雪情報

山形県の月山周辺を中心としたバックカントリーの積雪情報サイト(行動は自己責任で)

仕事のブログはこちら→  http://ndanassu298.jugem.jp/

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< Mavic Cosmic Elite ロード用ホイールセット | TOP | 2018酒田トライアスロン >>

2018.06.11 Monday

IRON MAN 70.3 HAWAII 2018 参戦記

還暦を期に、参戦。

 

昨年、海外サイトで申し込み、今年、いろいろと準備。

海外参戦は初めてなんで、ツアーで申し込んだらいいんではと申し込んだものの

なんと、コンドミニアムで数人で同類STAYのイメージとはほど遠く、なんとだだっ広いコンドミニアムに一人。

ほとんどのかたがオフィシャルホテルに宿泊とのこと。(早くいってよ!!!)

(家内はいくら誘っても、ハワイは暑いんでいやとか。。。オーマイがー)

 

日程は5/31山形→成田(一般道8時間)→コナ空港→タクシーでフェアモントホテル→受付、説明会→タクシーでコンドミニアム

コナ空港は山形空港より小規模でいかにも島という感じでしたが、セキュリティーは厳重。

 

ツアー会社からはレンタカーはやめたほうがいいということで、一人でタクシー(オフィシャルホテルまで6000円程度)

(ほんとによかったのかいまだ半信半疑、レンタカーのほうがよかったような?)

 

で,オフィシャルホテルで受付すべくオフィシャルオフィスへ。 と、ここではないと。。。。

英語がよく聞き取れず、ここで一つのハードル。うろうろしてると、受付は広い会場にあり、

そこで、レースNoを聞かれる?  は? レースNo? メールできてないし?なに?

またまた、ハードルが。。。 ちょうどよく、日本人がきたんできいたら、別会場に名簿があるとのことで

その方も名簿からNoをGetしたそう。

で、そこで1000名オーバーの名簿からNoをGet。かなりあせった。。。。

 

受付すると、グッズをもらい、説明会へ。 英語で全然わからず。。。。撃沈。

ちらほら、日本のかたも多くなってきたんで、きけば、15:00から日本語の説明会があるとのこと。

結局、100名オーバーの日本人が会場に。若いグループおおいんで、いったい仕事は?ときけば

会社がバックアップしてるとか、おー!なんていい会社なんだ。。。。(すごい会議という会社?とか)

 

コンドミニアムへはいったん、管理事務所で受け付けし、タクシーに待っててもらい、受付後、

現地へ。(タクシーの運ちゃんには片言英語で通じました)  現地いくとコンドミニアムの敷地にはセキュリティーゲートがあり、車がいれない!焦っていると、後ろからきた車のかたがあけてくれました。

部屋は3階でエレベーター付で自転車は運ぶのにたすかりました。バルコニーもあり、かなりGOOD.

6/1の日程 コンドミニアム→自転車でRUN会場(オフィシャルホテル)にRUN用品設置→自転車でSWIM会場へ自転車設置

  →シャトルバスでオフィシャルホテルへ→タクシーでコンドミニアムの管理事務所へ→歩きでコンドミニアムへ

 

透明度は抜群、ライフセーバーが監視してたんで、レースコースブイまではいけませんでしたが、レース

時は水深10mの底までみえました。

二日目はRUN用品の設置場所が不明でうろうろと。 と、ちょうどよく日本人がきたんできくも

わからないんでわかったらおしえてと。。。。うろうろしてるとホテルのかたが英単語でおしえてくれました。

(単語で十分)

RUN用品設置後、SWIM会場へ、ここはみなさん自転車でいってたんで迷わず。

(コナウィンドがすごく、自転車が飛ばされそうに、 はたしてレース当日は?)

 

自転車設置後、海で試泳。 水温は感覚的に24度程度で天候がよければ手足はしびれてこないかんじ。

 

帰りはシャトルバス。 これも、乗り場がわからないのでスタッフへきくと、英単語でおしえてくれました。

 

オフィシャルホテについてから、タクシーを頼んでもらう。そのとき、カードでOKか?ときかれ は?なんでかな?と

思ったんですが、支払のとき判明。  カードではらうとき、チップの%を選ぶ端末への入力があり、はー!これか!と

(ちなみにチップは20%〜でした)

管理事務所へついてからは2日と3日のタクシーの予約。2日はAM3:30オフィシャルまで。そこからSWIM会場まではシャトルバス。    3日はAM9:00  空港まで。 どちらも個人タクシーで現金(個人のほうがやすかった)

 

その後、食料品を購入、わりと日本食あり、そんなに高くもない。

水も購入(コンドミニアムの水はかなりまずく、NETでは、いい水とあったんですが、

たぶん、配管がふるくなってるか、受水槽がふるくなってるかで匂いがあり、飲むのはやめました。

 

 

6/2日程 AM3:00起床(というか、時差でほとんど眠れず)AM3:30タクシー乗車。

    AM4:30シャトルバス  AM6:30SWIMスタート

この日は写真撮れず。レース写真をもうしこんでいたのでそれです↓

(中華カーボンホイールつかいましたが侮れません)

 

ウエアーは会場で購入、HAWII版は日本では買えないんですが、かりに買えてもこっちのほうが安い。

 

スイムは年齢別でさらに3人5秒ごとのスタートだったんでかなりばらけてプロレスにならず、快適。

バイクはおそれていたコナウィンドがよわく、かなりラッキー。

ランはゴルフコースが走りずらいのは分かってたんですが、細かいアップダウンがありペースがつかめず撃沈。

 

総合的に、ランがネックで7時間きれず。。。無念。。。

 

終了後、自転車でコンドミニアムへ移動の日程だったんで、ビールは飲めず。。。。。

暗くなると危険なので、パーティーも不参加、この日程はNGです、ツアー会社さん。

(帰りもタクシーにすべき)

 

6/3 はコンドミニアムの清算は不要で鍵もNOキーなんで返却不要、部屋の中のキーは部屋へおくだけ。

時間通りタクシーがきて予定通り空港着。

帰りの飛行機では日本語が話せるイスラエル人アスリートと歓談。57歳、単独できたそうで

ワタクシと同じ個人事業主で自由がきくとのこと。奥さんは仕事でこれないとか。。。同じ。

こんなレースに参加するのは、TOPアスリートかワタクシと同じ境遇のかたでしょうか。

ま、バックカントリースキーと同じくらい変人がやるスポーツかと。

 

最後に、国際航空の場合のバイクケースについて

 

扱いが手荒です。

今回、縦横高さ203cm以内に収めたダンプレートで製作したんですが

横強度が弱く、フレームとホイールの軸がすれ傷が2箇所つきました。

布、プチプチビニールで干渉しないようにしたんですがあまかった。

ゴムシートでないとダメなようです。

日本→ハワイ OK  ハワイ→日本 NG  でした。取扱いの量の関係かと。

心配していたパンク修理用ボンベはOK  ペダル外しスパナもOK

収納BOX取り外し式キャスターははずさないとNG(運搬時はずれます)

 

↑このタイプのケースでサイズオーバーなった方がいたんですが、測定時つぶし、交渉し?OKになったとか。

 サイズオーバーは数万円とられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


15:04 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018.10.26 Friday

スポンサーサイト


15:04 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://ndanassu.jugem.jp/trackback/296

トラックバック

▲top